ホーム > ボトックスコラム > その他多汗症のボトックス

その他多汗症のボトックス

対象:
汗腺

汗を作る汗腺は、アセチルコリンという神経伝達物質(下の図の赤い点)により、神経から信号が伝えられ、汗を出すようになります。

ボトックスでその神経の伝達を遮断することで、汗の分泌を止めることができます。

頭部、額、手のひら、足の裏などが対象になります。

緊張で症状が悪化するのが最大の問題で、試験中に手汗で解答用紙が破れてしまう、といった症状が報告されています。

副作用
手のひらにボトックスを注入した場合で、ボトックスが筋肉の方まで浸透してしまった場合は、手の痺れが出ることがあります。

額にボトックスを注入した場合は、額に重さを感じる可能性があります。

その他多汗症のボトックスコラム一覧

ページの先頭へ戻る