ホーム > ボトックスコラム > 頤(おとがい)・梅干しジワのボトックス

頤(おとがい)・梅干しジワのボトックス

対象となる筋肉:
オトガイ筋

顎の先端の筋肉、おとがい筋の収縮により、梅干しジワが発生します。皮膚の正常な弾力が低下し、相対的に筋肉の働きが強くなることにより、シワば目立つようになります。

ボトックスで、オトガイ筋をブロックすることで、顎が滑らかになり、綺麗なラインを描くようになります。

副作用
ほとんどありません。

頤(おとがい)・梅干しジワのボトックスコラム一覧

ページの先頭へ戻る