ホーム > ボトックスコラム > 額のボトックス

額のボトックス

対象となる筋肉:
前頭筋

過剰な前頭筋の収縮が、額の横シワを作りみます。
その過剰な働きを緩めることで、額の横シワを改善させます。

ただ前頭筋そのものは挙上筋(顔を上に引き上げる筋肉)であり、前頭筋の収縮は目を大きくさせる作用があるため、過剰なブロックは控えるべきです。

また眼瞼下垂を避けるばかりに額の正中部ばかりに注射してしまった場合は、眉の外側が跳ね上がり、整容的に非常に好ましくない結果になってしまいます。

副作用
眼瞼下垂 元もと眼瞼下垂があり、それを前頭筋による収縮で補っていた場合は、前頭筋をブロックすることで、眼瞼下垂の症状が強く現れることがあります。
眉の外側の過剰な挙上 額の正中部に集中してボトックスを注射した場合は、眉の外側のみが挙上し、怒ったような表情になります。

額の横シワに関しては上記の理由などから完全にブロックせずに、ある程度動きを残しておいたほうがよく、それでシワになるようなら、ヒアルロン酸などのフィラーを試みるべきです。

額のボトックスコラム一覧

ページの先頭へ戻る